投稿日:

z–KŽs”Ž•¨ŠÙ

諏訪市博物館では、
企画展「江戸時代のおひなさま-諏訪に残る雛の様式-」開催中です。

今回の企画展では、
国内で最も古いと言われている古今雛・清昌院の雛人形をはじめ、
高島 藩士家、諏訪大社の神官家、城下町の商家などに飾られていた
大変貴重な江戸時代の雛人形を
様式の変化を比較しながらご覧になれます。

関連イベントとして、
下記のイベントが行われます。

◎博物館友の会共催「折り雛教室」
・日時 :2月25日(土)13:00~15:00
・会場 :博物館エントランスホール

◎講演会「雛祭と江戸の雛人形-清昌院の雛をめぐって-」
・日時 :3月11日(土)13;30~15:00
・講師 :是澤博昭さん(大妻女子大学 博物館 准教授)
・会場 :博物館学習室

◎展示解説
・日時 :2月18日(土)、3月25日(土)13:30~14:00

*開催期間 :2017年4月9日(日)まで
*会場   :諏訪市博物館
*開館時間 :午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
*休館日  :月曜日
*入館料  :一般300円 小中学生150円
*お問い合わせ :諏訪市博物館 TEL 0266-52-7080

詳細につきましては、こちらをご参照ください。
http://www.city.suwa.lg.jp/scm/index.htm

 

吉本 順子