投稿日:

img2035

諏訪湖周辺も朝晩の気温がだんだんと低くなり、
日中との気温差があると紅葉が美しいと言われているため、
これから紅葉シーズンを迎えるにあたって
ちょっと期待感が高まるところです。

諏訪地方も標高の高いところから徐々に
木の葉が赤や黄色に色づき始めております。

諏訪市内にも紅葉を楽しめるスポットがいくつかございます。
イチョウやナナカマド、ケヤキ、カエデなどの紅葉を楽しめる
観光スポットをご紹介いたします。

◆諏訪湖畔(ナナカマド・イチョウ・ケヤキ・サクラ)

◆諏訪 高島城 (イチョウ・サクラ)

◆片倉館 (イチョウ・カエデ・ケヤキ)

◆唐澤山と阿弥陀寺 (カラマツ・ヤマザクラ・ウルシ)

◆立石公園 (サクラ)

◆臨江山 温泉寺 (イチョウ・カエデ・サクラなど)

◆鼈沢山 仏法紹隆寺 (大イチョウ・カエデなど)

◆西山公園(サクラ)

上諏訪温泉周辺の紅葉の見頃は、
例年、10月中旬~11月上旬ごろですが
気候に寄り見頃時期は前後いたします。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.suwakanko.jp/news/95?c=4

西山公園や立石公園は高台に位置していますので、
眼下に諏訪湖、諏訪市内、下諏訪町、岡谷市内が一望でき、
晴れていれば、遠くに北アルプスが望めますので、
紅葉とプラスして諏訪湖周辺の風景をご覧いただけたらと思います。

吉本 順子

投稿日:

下諏訪町にあるパワースポットを巡るモニターツアー
「パワースポット散策 神宿る山里を歩こう!」の
参加者を募集しています。

八島湿原からスタートし、山エリアを散策した後は、
里エリアに移動し、下諏訪町の歴史ある街を歩き、
諏訪大社下社秋宮前がゴールとなります。

約12,000年前に誕生した八島湿原(標高約1,632m)は、
国の天然記念物に指定されている日本の南限に位置する高層湿原で、
湿原植物や亜高山植物など400種類以上の植物がみられる植物の宝庫です。

また、「下諏訪町」は、
古くは甲州街道と中山道が交わる宿場町として栄え、
諏訪大社をはじめとする神社や史跡がたくさんあり、
万治の石仏やいいなり地蔵などパワースポットが多い場所です。

ちょうど秋深まる頃、
鮮やかな紅葉をご覧いただきながら、
マイナスイオンもたっぷり感じられそうですね。

◆開催日  :2016年10月16日(日)
◆時間   :AM10:00 集合
◆集合場所 :八島高原八島ビジターセンターあざみ館
◆所要時間 :約7時間 PM5:00頃解散予定
◆参加費  :3,500円(昼食代・保険代含む)
◆持ち物・服装 :歩きやすい服装、雨具、帽子、防寒着等
◆募集締切 :2016年10月11日(火)

コースなど詳しい内容につきましては、
こちらをご参照ください。
http://shimosuwaonsen.jp/info/%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%8B%9F%E9%9B%86%E3%80%8E%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88%E6%95%A3%E7%AD%96%E3%80%80%E7%A5%9E%E5%AE%BF/

吉本 順子

投稿日:

今年も岡谷市の出早公園では、
秋の恒例イベント「出早公園もみじ祭り」が、
10月24日(月)から開催されます。

出早公園内には、
もみじやカエデなど約240種類の草木が植わっていて、
秋になると木々の葉が赤や黄色、橙色へと変化して、
見頃を迎えると辺り一面が真っ赤に染まります。

期間中は、
夜間のライトアップや、湯茶のサービスもあります。

☆開催日 :2016年10月24日(月)~11月5日(土)
☆会場  :出早公園(岡谷市)
☆入館料 :無料
☆お問い合わせ :岡谷市観光協会 TEL 0266-23-4854

詳細につきましては、こちらをご参照ください。
http://www.kanko-okaya.jp/news/%e5%87%ba%e6%97%a9%e5%85%ac%e5%9c%92%e3%82%82%e3%81%bf%e3%81%98%e7%a5%ad%e3%82%8a%ef%bc%8a10%e6%9c%8824%e6%97%a5%ef%bc%88%e6%9c%88%ef%bc%89%ef%bd%9e11%e6%9c%886%e6%97%a5%ef%bc%88%e6%97%a5%ef%bc%89/

紅葉を魅力的に演出するライトアップも
ぜひお楽しみくださいませ。

吉本 順子

投稿日:

原村の八ヶ岳自然文化園で
年間を通して行われている恒例イベント
「『星の降る里』STAR WATCHING」が10月22日(土)に開催されます。

今回のテーマは、
「秋の星座を見よう!」です。

この季節にご覧いただける代表的な星座は、
「私の四辺形」、「ペガスス座」、「みなみのうお座」、「アンドロメダ座」などで、
「みなみのうお座」には
秋の夜空に登場する唯一の一等星「フォーマルハウト」があり、
別名「秋のひとつ星」とも呼ばれているそうですので、
ご参加された際にはぜひ探してみてくださいね。

<スケジュール>
20:00~ プラネタリウム観覧(40分間)
20:45~ 屋外観望
21:30頃に終了

・開催日   :2016年10月22日(土)
・参加費   :小学生以上お一人様500円 ※予約不要です。
・服装    :暖かい服装
・持ち物   :双眼鏡・望遠鏡・星座早見表などお持ちいただくと
より一層楽しめます。
・お問い合わせ先 :八ヶ岳自然文化園 TEL 0266-74-2681

詳細につきましては、こちらをご覧ください。
http://yatsugatake-ncp.com/event/archives/313

楽天トラベルさんが8月に発表した
星空観賞旅行に人気のエリアランキングで、
八ヶ岳自然文化園がある八ヶ岳エリアは
全国で第2位に選ばれています。

ぜひ一度、満天の星を
ご覧になられてみてはいかがでしょうか。

吉本 順子

投稿日:


(写真は雲海イメージ)

富士見パノラマリゾートでは、
今年も恒例の“プレミアム雲海ゴンドラ”が運行されます。

天候や気象条件などいくつかの条件が揃うと、
雲が一面に広がる海のように見える自然現象「雲海」が発生し、
山々が雲の海に浮かぶ島のように見える幻想的な風景が広がることがあります。

イベント期間中の雲海発生率は約60パーセントで、
遠くには雲の上に浮かぶ富士山を眺めることができるかもしれません。

開催日前に、
富士見パノラマリゾートのホームページにて、
山岳気象予報士による雲海発生予報が発表されますので、
確認した上でご利用いただけそうですね。

◆運行日  :10月の毎週金・土・日・祝日
◆運行時間 :AM5:30~(チケット販売AM5:25~)
※悪天候の場合は運行が中止になる場合もございます。
◆ゴンドラ料金 :大人1,650円 子供800円 未就学児無料

詳細につきましては、こちらをご参照ください。
http://www.fujimipanorama.com/summer/topics/detail.php?code=1410920614

これからの季節は紅葉も徐々にはじまり、そして見頃を迎えます。
赤や黄色に染まる紅葉が眼下に広がり、とてもきれいですので、
美しい紅葉風景もぜひおたのしみいただけたらと思います。

吉本 順子

投稿日:

img9496

上諏訪温泉の恒例のイベント

上諏訪まち歩き
「上諏訪の達人 まちなか観光案内人と
街角の御柱を見つけて歩こう」

が、10月2日(日)~11月23日(水・祝)までの
期間限定で開催されます。

JR上諏訪駅を午前10時にスタートし、
上諏訪をよく知るまちなか観光案内人と一緒に、
上諏訪の街にある御柱を見学したりしながら、
3.5kmのコースを約2時間かけて歩きます。

<コース>
JR上諏訪駅 → 並木通り → 御柱体験ひろば → 丸高蔵 →
高島城(外観) → 八釼神社 → 酒蔵通り → JR上諏訪駅

まちなか観光案内人は通常ご予約が必要ですが、
今回のイベント開催中は事前のご予約は不要で、
毎日開催<10/23(日)除く>されますので、
気軽にご参加いただけます。

◆開催期間 :2016月10月2日(日)~11月23日(水・祝)の毎日
※10月23日(日)は除く
◆集合場所 :諏訪市観光案内所前
◆出発時間 :午前10時00分
◆所要時間 :約2時間
◆料金   :お一人様500円 (当日ガイドさんにお支払いください。)

※事前のご予約が必要ですが、
「御柱体験ひろば発 特別ガイドコース」もあります。

イベントの詳細につきましては、こちらをご覧ください。
http://www.suwako-onsen.com/data/news/pdf/n0rd3kqL.pdf#search=%27%E4%B8%8A%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E3%81%BE%E3%81%A1%E6%AD%A9%E3%81%8D%27

コース内容で予定している
9月にオープンした「御柱体験ひろば」には、
実際に御柱祭で使用された御柱が展示されていて、
御柱に乗ったり、触れたり、御柱について学べますので、
ぜひこの機会に御柱を直にご覧いただければと思います。

吉本 順子

投稿日:

img_0023
本日、松茸で有名な

諏訪市後山の松茸の組合さんから松茸を仕入れてまいりました。

(画像は組合内の松茸選別風景)
img_0024

今年は、雨が多く不作と言う事ですが、
個人的にはとても立派な諏訪産の松茸であると感じています。

本日から、ご夕食時にご提供いたします。

(松茸参考記事)
http://www.nagano-np.co.jp/articles/8494

投稿日:

SUWAガラスの里では、
「第3回 諏訪を描く展」に展示する作品を募集しています。

SUWAガラスの里が主催のこの公募展は、
諏訪地方の魅力を色々な表現で創作発表することで、
アートに親しみをもっていただける方が増えて、
諏訪の魅力をより多くの方に知っていただけるきっかけになればと企画されたもので、
今年で3回目になります。

第1回目も第2回目も大盛況で、
長野県内から絵画を中心とした作品100点余の応募がありました。

<第3回「諏訪を描く展」作品募集要項>

◆テーマ   :「すわ」
◆サイズ   :平面10号以内(額装したものに限る)
◆画材等   :絵画・工芸・書道など サイズ内であれば表現手段は問いません
◆応募資格  :特になし
◆募集点数  :先着100点(おひとり様1点まで)
◆出品料   :1,000円
◆予約開始日 :2016年10月20日(木)~11月10日(火)
◆搬入受付日 :2016年11月10日(木)~15日(火)まで
◆搬入先   :長野県諏訪市末広3-5 アートプラザ108 岩谷画廊
◆お問い合わせ :「諏訪を描く展」事務局 アートプラザ108 岩谷画廊内
TEL 0266-58-0108

詳細につきましては、こちらをご参照ください。
http://www.garasunosato.com/event.html

「第3回 諏訪を描く展」は、
SUWAガラスの里美術館にて11月26日(土)から開催され、
入館者の方による人気投票の結果、
上位に選ばれた作品は表彰されます。

県内外から広くご応募可能ですので、
諏訪の魅力を表現した作品を
ぜひ応募されてみてはいかがでしょうか。

SUWAガラスの里は、
上諏訪温泉にある当宿 寛ぎの諏訪の湯宿【萃sui-諏訪湖】 から
お車で約10分ほどのところにございます。

吉本 順子

投稿日:

富士見町の四季折々の景色や歴史を
「おもてなしガイド」さんがご案内する
『信州ふじみ おひさんぽ』の7回目が、
10月16日(日)に開催されます。

7回目は高原の縄文時代をたどる
「縄文の井戸尻遺跡めぐりガイドツアー」です。

JR信濃境駅からスタートし、
4つの遺跡や井戸尻考古館・史跡公園など6カ所を巡り、
約7kmの距離を約4時間30分かけて歩きます。

<ウォーキングコース>
JR信濃境駅 → 藤内遺跡 → 唐渡宮遺跡 → 居平遺跡 → 齋木浅右衛門屋敷
→ 井戸尻考古館・史跡公園 → 池生神社 → JR信濃境駅

当日は、
井戸尻史跡公園で「高原の縄文王国収穫祭」が行われ、
縄文時代の食や生活、伝統技術や手工芸などが体験できるワークショップや、
地元産の野菜の販売やとん汁のサービスなどが予定されています。

・開催日  :2016年10月16日(日)※小雨決行
・所要時間 :9:15~13:45
・集合場所 :JR信濃境駅
・集合時間 :9:00~
・参加費  :2,000円(昼食付、井戸尻考古館入館料含む)
・持ち物  :飲み物、雨具、その他必要なもの
・お問合わせ・お申し込み先 :富士見町観光協会 TEL 0266-62-5757
詳細につきましては、こちらをご参照ください。
http://www.town.fujimi.lg.jp/page/ohisannpo2016.html

秋はウォーキングに最適な季節ですね。
縄文文化に触れながら、
楽しく元気にウォーキングをお楽しみいただけたらと思います。

吉本 順子

投稿日:

富士見町にある井戸尻史跡公園にて、
毎年恒例の「高原の縄文王国収穫祭」が
10月16日(日)に開催されます。

当日は、
石うす粉ひき体験、ハスの実の飾り玉づくり、
蜜蝋のキャンドル作り、古代米ほか古代食の試食など、
縄文時代にタイムスリップしたような
様々な楽しい体験ができるワークショップや、
縄文時代の舞や祭式が行われ、神話の世界が再現されます。

その他にも、
富士見太鼓の演奏や地元野菜の直売、
とん汁のサービスもあります。

・開催日  :2016年10月16日(日)※少雨決行
・開催時間 :10:00~15:00
・会場   :井戸尻史跡公園(長野県諏訪郡富士見町境)
・お問い合わせ :井戸尻考古館 TEL 0266-64-2044

イベントの詳細につきましては、こちらをご覧ください。
http://userweb.alles.or.jp/fujimi/idojiri/event/syukakusai2016.htm

当日は、
井戸尻考古館・歴史民俗資料館へ無料で入館できますので、
この機会にぜひそちらもご覧になってみてくださいね。

吉本 順子