投稿日:

八ヶ岳美術館では、
「山室眞二のじゃがいもデ版画展-いも版と造本の世界-」が、
10月7日(土)から開催されます。

いも版とは、
輪切りにしたじゃがいもやサツマイモに、
彫刻刀などで図柄を掘り、
墨などを塗って押す“いも版画”のことで、
小学校の図工の授業や、年賀状を作成するときに、
つくられた方も多いのではないでしょうか。

じゃがいも版画家の山室眞二さんは、
八ヶ岳などの全国の山々を訪ねた経験を生かし、
山岳や花、鳥や蝶、虫など身近なものを題材にした作品を
30年以上も制作し続けています。

関連イベントとして、
下記のイベントが行われます。

◎ワークショップ 山室眞二のいも版画教室
 ・開催日時 :10/14(土)・11/12(日)両日とも14:00~16:00

<山室眞二のじゃがいもデ版画展-いも版と造本の世界->
 ◆開催日 :2017年10月7日(土)~11月26日(日)
 ◆時間  :9:00~17:00(入館受付は16:30まで)
 ◆入館料 :一般(高校生以上) 510円 小・中学生 250円
 ◆お問い合わせ :八ヶ岳美術館 TEL 0266-74-2701

イベントの詳細につきましては、こちらをご参照ください。
https://www.vill.hara.lg.jp/docs/1900.html

山室眞二さんの作品は、
絵も色彩もとても温もりがあり、
見ていると心が癒されるような気がいたします。

ぜひ、間近でご覧になってみませんか。

吉本 順子