Posted by & filed under スタッフブログ, 観光情報.

(画像引用元:旅おかや)

今年は11月上旬に一度飛来し、その後姿が見えなくなっていた白鳥たちですが、
15日に再び10羽が諏訪湖にその姿を現してくれました。(諏訪白鳥の会が確認)

ハクチョウの生息地はユーラシア大陸北部のツンドラ地帯ということですが、
-30℃以下にもなる冬には湖が凍ってしまう為、
餌となる水草が食べられないため移動するのだそうです。

温泉に浸かるというわけにはいきませんが、
諏訪湖でゆっくりと旅の疲れを癒してほしいですね。

こちらにお写真が載っていますのでご覧くださいませ。

大橋